企業の文書管理、セキュリティ、ネットワーク、クラウド化のご依頼はラジエンスウエアへ!

JAPHICマーク取得

  • HOME »
  • JAPHICマーク取得

個人情報保護マネジメントシステムとして代表的なものに「プライバシーマーク(Pマーク)」があります。これと比較して、取得・運用のコストが低く、中小事業者に最適な情報保護マークが「JAPHICマーク」です。従業員1名でも取得可能です。
japhic-3

取引条件で必要な第三者認証

民間企業間での「取引条件」や公共事業における一般競争入札の「参加資格条件」には、企業内の個人情報を管理する「プライバシーマーク」の認定や、企業内のあらゆる情報を管理する「ISO27001(ISMS)」の認証取得などの第三者認証が必要条件となっています。

個人情報保護マークとは?

「個人情報の適正な取扱いと漏洩リスクを低減させるために第三者が企業を審査し認定する」のが個人情報保護マークです。代表的なものは「プライバシーマーク」ですが、マークそのものには公的な効力はありません。経済産業大臣が認めた個人情報保護団体であるJIPDECという組織が発行する任意のマークが「プライバシーマーク」です。

JAPHICマークとは?

近年、新しい個人情報保護マークが登場しているのをご存知でしょうか!?プライバシーマーク同様に経済産業大臣が認めた個人情報保護団体であるJAPHIC(ジャフィック)という組織が発行するマークが「JAPHICマーク」です。最近では「JAPHICマーク」や他のマークも入札の参加資格条件や取引条件で「プライバシーマーク」同様のものとして扱われはじめました。

審査基準と取得コスト

各マークにはそれぞれ特徴があり、大きな違いは審査基準の違いと取得コスト・運用負荷です。
個人情報保護法を企業が守る為に最低限の取り組みを経済産業省がガイドラインとして発行。そのガイドラインに沿った形で審査するのが「JAPHICマーク」 更に厳しいJIS規格のJISQ15001とその他のガイドラインも加えたかたちで厳しく審査するのが「プライバシーマーク」とその他マークです。また、取得コストである審査料金については「JAPHICマーク」が割安な価格となっています。

JAPHICマーク取得までをコンサルティング

ラジエンスウエアは、JAPHICマーク取得をコンサルティングします。プライバシーマークと比べて取得、運用の経費が低く、取得期間も短くなります。当社のコンサル通りに行えば取得が可能です。

詳細資料はこちら

JAPHICマーク 資料ダウンロード(PDF)

  • お問い合わせはこちら
  • オフィシャルサイト
  • nintei
  • Japhic
  • フェイスブック
PAGETOP
Copyright © ラジエンスウエア株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.